Ryu's Cafe ~限りなく村上龍のことを知るカフェ~ マ行 忍者ブログ
2017.05│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

その鋭い独特の視点と多彩な才能で、小説だけでなく各分野で活躍するアグレッシブな寓話作家の一人である村上龍の作品をとりあげています。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無趣味のすすめ無趣味のすすめ
村上龍
幻冬舎 刊
発売日 2009-03-26
オススメ度:★★★




「世間」の捉える「趣味」と村上龍の示す「リフレッシュ」の違い 2010-01-10
一見差はない。村上龍のテニスは「趣味」と捉えられるかもしれない、一般的には。

大事なことは、その「趣味」と呼ばれる行動に至る理由である。

「趣味」は到達点も目的も無い。そのようなものに時間を浪費する事を問うものであろうと考える。

・refresh - to make SB feel less tired or less hot

・hobby - an activity that you do for pleasure when you are not working


例えば一人で行う「読書」、という行為は趣味と成り得るのか。

「読書」を趣味と宣言している人間は少なくとも「読書」によって得た知識を他人に話すことを前提として読書をしているのではないだろうか。

読書つまり本を読む行為に至る目的を再考する必要があるのではないだろうか。

盆栽にしても同様である。盆栽家と盆栽が趣味という人間の違いは、「逃げ」があるかないかではなかろうか。

「仕事には生きがいを感じませんが、盆栽には自己を満足させる充足感を得ることが出来るのです。」

盆栽家に「逃げ」もクソもない。盆栽家は盆栽を育てることがworkだからである。

鰹の一本釣り漁師は、釣りが決して趣味では無い筈である。釣りは「スキル」であって「趣味」ではない。

自分は「釣り」をするが、「趣味」ではない。低予算で美味な食材を得る為のスキルである。従って「チヌ釣り」に興味は無い。


 仕事に充実感を得ている場合、本質的な趣味は生まれない。「趣味」を作る必要性が無いからである。

「リフレッシュ」に喜びや新たな価値観を見出すことは求められない。リフレッシュは「仕事」を効率化する為のツールに過ぎない。

そして、「リフレッシュ」は個人である。決して集団ではない。団体行動を伴うものではない。


「趣味」を匂わせる「同好会」「サークル」は時間の浪費である。だがリフレッシュは必要だ。

身も蓋もない内容だが、本質を突いている本 2009-11-21
様々なことに対して、村上龍の考えが綴られている。


書かれている内容は、身も蓋もないが、物事の本質を突いていると思う。


「高級なメモ帳と万年筆を持っていたとしてもその人が情報に飢えていなければ意味がない。」

という下りを読んだときはドキっとした。


自分は情報収集や管理を目指して、手帳やその他の道具に凝ったり、色々なノウハウを試してみた。

しかし、なんとなく上手く実践できず、次々と新しいノウハウを試したり、道具を買い替えていた。


自分にピッタリ合うノウハウや道具があるはずだと思っていた。


しかし、それは間違っていることに気づかされた。

自分が何のために情報を集めるのか、その情報で何をしたいのか。

そういうことをはっきりさせることが大事なことだと気付かされた。


その他の章でも、目に見える事象ではなく、その裏に潜む本質を突いていると思う。


色々と努力しているのだけれど、いま一つ手応えを感じられない、煮詰まっているという

人は読んでみたらよいと思う。

現実に対しての向かい方の違い 2009-10-25
村上龍氏は作家であり、経済学者でもなければ、コンサルでもない。


膨大な取材をしたうえで、考え、書き、削り、追加して、齟齬がないように、

文章を組み立てる(それこそ建築家のように)人なのだ。


だから経済がどうこうや、部下と上司の関係うんぬんについては、

専門家が分析したことではない。


村上春樹氏とライバル(本人はそうは思っていないという)と評されるくらい、

世の中に影響力のある売れる本を「作品群」として出してきたのだ。


そのくらいの仕事をしてきた人による、職業観(品格や美学や、上司や部下など関係ない。

仕事は完遂すべきもの。必要な有意義なオフなどはウソである)を読むことが大事である。




さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
無趣味のすすめ無趣味のすすめ
村上龍
幻冬舎 刊
発売日 2009-03-26
オススメ度:★★★




「世間」の捉える「趣味」と村上龍の示す「リフレッシュ」の違い 2010-01-10
一見差はない。村上龍のテニスは「趣味」と捉えられるかもしれない、一般的には。
大事なことは、その「趣味」と呼ばれる行動に至る理由である。
「趣味」は到達点も目的も無い。そのようなものに時間を浪費する事を問うものであろうと考える。

・refresh - to make SB feel less tired or less hot

・hobby - an activity that you do for pleasure when you are not working

例えば一人で行う「読書」、という行為は趣味と成り得るのか。
「読書」を趣味と宣言している人間は少なくとも「読書」によって得た知識を他人に話すことを前提として読書をしているのではないだろうか。
読書つまり本を読む行為に至る目的を再考する必要があるのではないだろうか。
盆栽にしても同様である。盆栽家と盆栽が趣味という人間の違いは、「逃げ」があるかないかではなかろうか。
「仕事には生きがいを感じませんが、盆栽には自己を満足させる充足感を得ることが出来るのです。」
盆栽家に「逃げ」もクソもない。盆栽家は盆栽を育てることがworkだからである。
鰹の一本釣り漁師は、釣りが決して趣味では無い筈である。釣りは「スキル」であって「趣味」ではない。
自分は「釣り」をするが、「趣味」ではない。低予算で美味な食材を得る為のスキルである。従って「チヌ釣り」に興味は無い。
仕事に充実感を得ている場合、本質的な趣味は生まれない。「趣味」を作る必要性が無いからである。
「リフレッシュ」に喜びや新たな価値観を見出すことは求められない。リフレッシュは「仕事」を効率化する為のツールに過ぎない。
そして、「リフレッシュ」は個人である。決して集団ではない。団体行動を伴うものではない。
「趣味」を匂わせる「同好会」「サークル」は時間の浪費である。だがリフレッシュは必要だ。

身も蓋もない内容だが、本質を突いている本 2009-11-21
様々なことに対して、村上龍の考えが綴られている。
書かれている内容は、身も蓋もないが、物事の本質を突いていると思う。
「高級なメモ帳と万年筆を持っていたとしてもその人が情報に飢えていなければ意味がない。」 という下りを読んだときはドキっとした。
自分は情報収集や管理を目指して、手帳やその他の道具に凝ったり、色々なノウハウを試してみた。
しかし、なんとなく上手く実践できず、次々と新しいノウハウを試したり、道具を買い替えていた。
自分にピッタリ合うノウハウや道具があるはずだと思っていた。
しかし、それは間違っていることに気づかされた。

自分が何のために情報を集めるのか、その情報で何をしたいのか。
そういうことをはっきりさせることが大事なことだと気付かされた。

その他の章でも、目に見える事象ではなく、その裏に潜む本質を突いていると思う。
色々と努力しているのだけれど、いま一つ手応えを感じられない、煮詰まっているという 人は読んでみたらよいと思う。

現実に対しての向かい方の違い 2009-10-25
村上龍氏は作家であり、経済学者でもなければ、コンサルでもない。
膨大な取材をしたうえで、考え、書き、削り、追加して、齟齬がないように、 文章を組み立てる(それこそ建築家のように)人なのだ。
だから経済がどうこうや、部下と上司の関係うんぬんについては、 専門家が分析したことではない。
村上春樹氏とライバル(本人はそうは思っていないという)と評されるくらい、 世の中に影響力のある売れる本を「作品群」として出してきたのだ。

そのくらいの仕事をしてきた人による、職業観(品格や美学や、上司や部下など関係ない。
仕事は完遂すべきもの。必要な有意義なオフなどはウソである)を読むことが大事である。


さらに詳しい情報はコチラ≫
特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集
村上 龍
ベストセラーズ 刊
発売日 2007-11-10
オススメ度:★★★




ショートトリップできる「旅行小説集」 2008-03-05
著者の短編を読むのは初めてだったが「村上龍料理小説集」などからの再出典で17編、いずれも10P〜20P程度の小説で切れ切れに読むにもピッタリ。

旅、とくにイタリア好きで知られる著者の雰囲気が良く出ていて、うたい文句は「料理&官能小説集」であるが、ショートトリップできる「旅行小説集」と感じられた。

一遍、東京を題材にした身近にありそうな話で、急に現実に引き戻され白けたが、あとは楽しく読破してしまった。

後書き代えての著者の言葉、に共感。

背徳的な秘密だけが人生だと言うつもりはない。
背徳的な秘密はヒトを傷つけるが人生を彩る。
彩りのない人生は平穏だが、退屈だ。

幸福とは何かを知ることだからだ 2007-12-30
 「村上龍料理小説集」を中心に村上龍の短編小説から選び出された小説集。

 村上龍の短編を読んだことがない人には各ジャンルを「つまみぐい」できるのでおススメです。気に入った作品があればそのジャンルの短編集を読んでみるのもいいのではないでしょうか? 

 レビューのタイトルはその中の「海の幸のパスタのパエーリャ」の一文ですが、知らない料理やワインが出てきたら実際に味わってみると少し幸せになれるかもしれません。

 実際に私は偶然にもこの後オーパス・ワンを飲む機会があったし、自分でフンギ・ポルチィーニ(セッキですが)を買って食べましたが言葉で表現できないような風味や香りでした。他にもまだ興味のある料理があります。そういう興味を刺激してくれるという意味でも読んでよかったなぁ〜と思います。

 また、表紙から内部までシンプルさの中に可愛さを含んだデザインになっています。


さらに詳しい情報はコチラ≫
村上龍文学的エッセイ集村上龍文学的エッセイ集
村上 龍
シングルカット 刊
発売日 2006-01-11
オススメ度:★★★




う〜ん、龍らしく、、、 2006-03-06
どうもこれは龍らしくないぞ。

そもそも「過去」のエッセイなんてタイムリーじゃないから楽しくない。

内容は他で読んだことがあるものも多いし、龍ファンならきっと読んだことあるオンパレードになってしまう。

再読したいならまとまっていていいかも知れませんが、、、。

個人的にはこの手のエッセイ集はもう今回でファイナルにしてほしい。

次回作の「歌うクジラ」を早く出版してほしい。

やはりエッセイではなく「小説」で龍の言葉を聞きたい。




名著です 2006-01-28
名著です。久しぶりに本来的な「本」に出会ったように思います。分厚い本なので少しずつ読み進めて8割ほどを読み終えましたが、同時代を生きる村上龍さんの文学的緊張感が素直に伝わってきます。奥行きのある一冊です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


現在の時刻

Yahoo!ブックマークに登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

Ryu's Bar


プロフィール
HN:
ドヤ顔の人
性別:
男性
趣味:
読書(ビジネス書・小説)・ネットサーフィン・スノボー
自己紹介:
学生の頃から村上龍のファンで「コインロッカーベイビーズ」に衝撃を受け、「五分後の世界」「愛と幻想のファシズム」「半島を出よ」などの構築系の作品が大好きです。最近の龍さんの興味は経済にシフトしていますがものすごく勉強になってます。
ブログ内検索
最新TB
最新CM
もちろん携帯で見る
RSS
カウンター