Ryu's Cafe ~限りなく村上龍のことを知るカフェ~ サ行 忍者ブログ
2017.03│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

その鋭い独特の視点と多彩な才能で、小説だけでなく各分野で活躍するアグレッシブな寓話作家の一人である村上龍の作品をとりあげています。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新装版 69 Sixty nine新装版 69 Sixty nine
村上 龍
集英社 刊
発売日 2004-04-27
オススメ度:★★★★




当時を知る人にも知らない人にも! 2009-10-01
村上龍さんの秀作!
激動の1969年代のオマージュ。こんな時代が日本にもありました。今からだって遅くないよね?

秀作です。

楽しいだけじゃない楽しい小説 2009-09-09
村上龍氏の小説で最も好きな作品で,

あまりに「楽しい小説」というレビューが目立ったので私も少し書きたくなりました。


自伝的小説で,心から「楽し」める内容となっているが,

それは「村上龍之介」少年が実際に「楽しい」高校生活を送ったということを意味しない。

政治運動といった小さな地域社会では村八分確実な行動の「辛い」経験を

「村上龍」氏が長い時間をかけてユーモアーに昇華することに成功したのだと思う。


「ヤザキ」はもちろん著者がモデルである。

だが「イワサキ」も著者がモデルなのではないだろうか。

エピローグで「イワサキ」は美術学校に進学して女と同棲している事になっている。

著者のプロフィールと同じである。


自らの経験について,陽の部分を「ヤザキ」,陰の部分を「イワサキ」として書き分けたこの筆力にはうならざるを得ない。


このように捉えるとこの小説は「楽しい」だけでなく,

陰影に満ちた深みを感じさせてくれる。



著者は最後に,

主人公と同じ高校3年生にこの小説を読んでほしい,

といった意味のことを述べている。

実は私がこの本を買ったのは,その高校3年生のときだった。

そしてちょっと人生が狂った,「アダマ」のように。

村上龍の中では一番好き 2009-07-01
とにかく面白い!村上龍がこんなに笑わしてくれる本を書けるとは正直思っていなかった。

ストーンズ、ビートルズ、ドアーズ、1969年の音楽って最高だけど、ある意味佐世保も負けてないぞ!


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
シールド(盾)シールド(盾)
村上 龍
幻冬舎 刊
発売日 2006-03-24
オススメ度:★★★★




自分のシールドを見つけられた時こそが幸せ 2007-05-21
一度の失敗でこりて、もう二度と挑戦しないのと、 何度も何度も失敗を続けて「無理だ」と気づくのはどちらが頭がいいのか・・・?
これには明確は答えなどなく、むしろこんなことに意味すらもない。

人にはそれぞれの資質があり、 何が正しいのかはそれぞれが生きていく道筋で判断していくこと。
その時は正しいと思っていたことも、 あとになればとんでもない間違いだったことに気づくこともある。
だからといってその間違った選択は ただ無意味なことだったわけじゃないと後々になって気付ける場合だってある。
だからこそ人生は面白く、登ったり下ったりを繰り返しながらも続くのだ。


生きている意味(シールド)を見つけられるってとても幸せなこと。
多くの人はその存在を考えることなく生涯を終えてしまうのかもしれない。
子供のうちにこの本を読めば最高だけど今からでも決して遅くない。
どのように、何のために生きるべきかを嫌でも考えさせられます。
体中にあたたかい力が込み上げてくるような本でした。

大人のための寓話。 2007-03-05
小説でなく絵本という形式を選んだのは何故だろう、などと考えてしまいました。コジマとキジマという二人の幼馴染が辿る人生が象徴的に描かれています。柔らかなものを守っている「盾」の意味は読んだ人がそれぞれ想像するでしょう。著者も書きながら探したのではないかと思います。眼に見えないですし、言葉にしづらいのですがそれは確かにあるものだと思います。親しい人達といると盾を立てる必要はないのですが、知らない人達に囲まれていると柔らかなものに触れさせないために「盾」が必要です。今の日本に暮らす多くの人はいつも盾を立てているように感じます。幸福の意味を「盾」という視点でみた物語のような印象です。はまのゆかさんの絵がとても素敵でこの物語が素直に響いてくるのは絵の力も大きいと思います。大人の方に向いている寓話だと感じました。


あなたのシールドはなんですか?と問われている。 2006-12-29
13歳のハローワークの二人が再び出した、大人のための、子供のための、コジマとキジマの成長の物語。
人間のコアには柔らかな部分があり、それを守るために盾(シールド)を手に入れていくストーリー。
どうやって、どんなシールドを手に入れるのか。そこには絶対的な正解はなく、自分で考え、決めていかなくてはならない。
盾の取得にはもちろん時間もかかるし、努力もいる。それが楽しい(苦にならない)努力なのか、どうなのか?
本当に色々なことを考えさせられる、いい絵本です。ぜひ読んでみてください。


さらに詳しい情報はコチラ≫
それでもわたしは、恋がしたい 幸福になりたい お金も欲しいそれでもわたしは、恋がしたい 幸福になりたい お金も欲しい
村上龍
幻冬舎 刊
発売日 2008-03-26
オススメ度:★★




考えさせられる・・・ 2008-05-11
著者の視野の広さ、見方の幅広さが感じられるように思った。確かに説教臭さも感じられるかも知れないが、受け入れるかどうかは、感情的な問題なような気がした。

考え方の引き出しを増やしたい人には、いい本だと純粋に思った。


さらに詳しい情報はコチラ≫
69(sixty nine) (ヤングジャンプコミックス)69(sixty nine) (ヤングジャンプコミックス)
村上 龍 /梅沢 俊一
集英社 刊
発売日 2004-07-16
オススメ度:★★★★★




一本スジの通ったアニメ 2004-08-08
楽しく生きたモン勝ちばい!
このフレーズに共感し思わず買ってしまった
楽しかった以上に心に残るものがあり、不思議な感覚が残った


さらに詳しい情報はコチラ≫


現在の時刻

Yahoo!ブックマークに登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

Ryu's Bar


プロフィール
HN:
ドヤ顔の人
性別:
男性
趣味:
読書(ビジネス書・小説)・ネットサーフィン・スノボー
自己紹介:
学生の頃から村上龍のファンで「コインロッカーベイビーズ」に衝撃を受け、「五分後の世界」「愛と幻想のファシズム」「半島を出よ」などの構築系の作品が大好きです。最近の龍さんの興味は経済にシフトしていますがものすごく勉強になってます。
ブログ内検索
最新TB
最新CM
もちろん携帯で見る
RSS
カウンター