Ryu's Cafe ~限りなく村上龍のことを知るカフェ~ 蔓延する偽りの希望 (幻冬舎文庫―すべての男は消耗品である。) |村上 龍 忍者ブログ
2018.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

その鋭い独特の視点と多彩な才能で、小説だけでなく各分野で活躍するアグレッシブな寓話作家の一人である村上龍の作品をとりあげています。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蔓延する偽りの希望 (幻冬舎文庫―すべての男は消耗品である。)蔓延する偽りの希望 (幻冬舎文庫―すべての男は消耗品である。)
村上 龍
幻冬舎 刊
発売日 2005-03
オススメ度:★★★★




タイトル通りです。 2006-06-26
終身雇用はもう当たり前ではなくなった……
これは、いままで社会のレールの上に乗ることで安心できていたけれども、何か今は違っている、ヤバいな、と危機感を持つことは今までもありました。

村上龍のエッセイで、その「ヤバさ」が何だったか、さらにハッキリ見えた気がします。

現代人なら読むべき。読みやすいのもよい。 2006-06-25
本の内容は、盛んに言われている、現代社会では、高度成長期型人間の生き方が通用しなくなっているというもの。

人間は寂しさを抱えている生き物だというゆるぎない前提があり、その上で、誰かもしくは共同体に身をゆだねることにより、その不安の解消を得ようとしてきた。みんなと同じことをしていたら安心感も得られるからだ。

高度経済成長時代はそれでよかった。というより、誰もあまり疑わなかった。なぜなら、国を豊かにするという共通の目標もあったからだ。しかし、十分に豊かになった現在、多くの若者は気づいている。だから、フリーターが生まれるのだと。そこで、著者は、生き方として、まず自分がどうやって稼いでいくとよいかをまず考えろと言っている。集団に属していて評価される時代は終わりつつあると。国は企業を庇護し、企業は男を庇護し、男は結婚という形で女を庇護する構図が、崩れ始めている今、従来どうりの生き方を目指していても幸せはつかめない。


基本的に私も、著者が経歴を出して語っているように、集団が嫌いなタイプである。日本はみんなが同じで当たり前という社会であると日ごろつくづく感じているから。著者は、極めて当然のことを説いていると思うので読んでみる価値はあると思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.167No.43No.56No.45No.18No.75→
現在の時刻

Yahoo!ブックマークに登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

Ryu's Bar


プロフィール
HN:
ドヤ顔の人
性別:
男性
趣味:
読書(ビジネス書・小説)・ネットサーフィン・スノボー
自己紹介:
学生の頃から村上龍のファンで「コインロッカーベイビーズ」に衝撃を受け、「五分後の世界」「愛と幻想のファシズム」「半島を出よ」などの構築系の作品が大好きです。最近の龍さんの興味は経済にシフトしていますがものすごく勉強になってます。
ブログ内検索
最新TB
最新CM
もちろん携帯で見る
RSS
カウンター