Ryu's Cafe ~限りなく村上龍のことを知るカフェ~ イリュージョン (集英社文庫 ハ 3-1) |リチャード・バック /村上 龍 /Richard Bach 忍者ブログ
2017.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

その鋭い独特の視点と多彩な才能で、小説だけでなく各分野で活躍するアグレッシブな寓話作家の一人である村上龍の作品をとりあげています。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イリュージョン (集英社文庫 ハ 3-1)イリュージョン (集英社文庫 ハ 3-1)
リチャード・バック /村上 龍 /Richard Bach
集英社 刊
発売日 1981-03
オススメ度:★★★★




生きてりゃそれなりにね。 2010-01-09
神様でさえも悩む。

フツーの人間である自分たちはもっともっと悩む。

でも好きなことをしてもいいんだと思えてて来る本。

なかなか現実にはそうも行かないんですけどね(笑

悩めるときにもう一度読み返してみたい。



村上龍訳・版『イリュージョン』。 2009-11-19
あの《村上龍》氏の翻訳による、あの《リチャード・バック》の、あの伝説の名著『イリュージョン』が、本書です。翻訳に関しては、意訳が多く原作と色合いが違うという話もありますが、これはこれで楽しめる本だと思います。より原文に近い翻訳としては、同じ集英社文庫から、《佐宗鈴夫》氏による訳本も出ています。私も《佐宗》氏訳本・版を購入したのですが、時間がなくてまだ読んでいません。いずれにしても、大変素晴らしい《名著》なので、一読をオススメします。

新訳もいいですが・・・ 2009-10-16
最初にこの本を手に入れて読んだときあまりにも衝撃的だったのでその後何度読み返したかわからにほどだ。その後英語版も入手したがこの旧訳版は超訳?にも近い思い切った翻訳文があてられていることがわかった。知人にこの旧版をあげてしまい、うちには新たに新訳版がきたがあまりにも直訳的で面白みに欠けるように思えた・・・そしてまた新たに旧版を購入した。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.167No.43No.56No.45No.18No.112→
現在の時刻

Yahoo!ブックマークに登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

Ryu's Bar


プロフィール
HN:
ドヤ顔の人
性別:
男性
趣味:
読書(ビジネス書・小説)・ネットサーフィン・スノボー
自己紹介:
学生の頃から村上龍のファンで「コインロッカーベイビーズ」に衝撃を受け、「五分後の世界」「愛と幻想のファシズム」「半島を出よ」などの構築系の作品が大好きです。最近の龍さんの興味は経済にシフトしていますがものすごく勉強になってます。
ブログ内検索
最新TB
最新CM
もちろん携帯で見る
RSS
カウンター